【文化】保存修理で「伊豆山権現像」輝き取り戻す、奈良国立博物館で「伊豆山神社」展

伊豆山権現立像

伊豆山神社が奈良国立博物館と奈良文化財研究所の協力のもとで保存修理を行っていた同神社所蔵の「銅造伊豆山権現像」=写真=の修理が終わり、2月6日から3月14日まで同国立博物館で特別展「伊豆山神社の歴史と美術」が開催される。同博物館では2012年に開催した特別展「頼朝と重源―東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆―」でも「銅造伊豆山権現像」を展示し、伊豆山神社の歴史と信仰を紹介したが、今回は「男神立像(だんしんりゅうぞう)」「法華曼荼羅(ほっけまんだら)」「阿弥陀(あみだ)如来坐像」「扁額(へんがく)伊豆大権現」など同神社伝来の貴重な宝物20数点も合わせて展示する。伊豆山神社がこれほど大掛かりな貸し出し展示を行うのは初めて。
◆保存修理 「銅造伊豆山権現像」は全身に広がる腐蝕がいちじるしく、面相部を覆う分厚い錆が像容の正確な把握を困難にしていた。今回の保存修理で像表面の錆を落としたところ、下層から造立当初の威厳ある顔立ちが現れ、またまばゆい輝きを放つ鍍金も多く残存。
◆伊豆山神社 伊豆権現、走湯権現とも呼ばれ、平治の乱で伊豆国に流された源頼朝(1147~99)が平氏打倒の兵を挙げる際、挙兵を後援し鎌倉幕府樹立へと導いた。東国の守護神として絶大な信仰を集め、歴代将軍や幕府要人は伊豆山神社と箱根神社に参詣する「二所詣」を重ねた。

img240

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る