【文化】保存修理で「伊豆山権現像」輝き取り戻す、奈良国立博物館で「伊豆山神社」展

伊豆山権現立像

伊豆山神社が奈良国立博物館と奈良文化財研究所の協力のもとで保存修理を行っていた同神社所蔵の「銅造伊豆山権現像」=写真=の修理が終わり、2月6日から3月14日まで同国立博物館で特別展「伊豆山神社の歴史と美術」が開催される。同博物館では2012年に開催した特別展「頼朝と重源―東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆―」でも「銅造伊豆山権現像」を展示し、伊豆山神社の歴史と信仰を紹介したが、今回は「男神立像(だんしんりゅうぞう)」「法華曼荼羅(ほっけまんだら)」「阿弥陀(あみだ)如来坐像」「扁額(へんがく)伊豆大権現」など同神社伝来の貴重な宝物20数点も合わせて展示する。伊豆山神社がこれほど大掛かりな貸し出し展示を行うのは初めて。
◆保存修理 「銅造伊豆山権現像」は全身に広がる腐蝕がいちじるしく、面相部を覆う分厚い錆が像容の正確な把握を困難にしていた。今回の保存修理で像表面の錆を落としたところ、下層から造立当初の威厳ある顔立ちが現れ、またまばゆい輝きを放つ鍍金も多く残存。
◆伊豆山神社 伊豆権現、走湯権現とも呼ばれ、平治の乱で伊豆国に流された源頼朝(1147~99)が平氏打倒の兵を挙げる際、挙兵を後援し鎌倉幕府樹立へと導いた。東国の守護神として絶大な信仰を集め、歴代将軍や幕府要人は伊豆山神社と箱根神社に参詣する「二所詣」を重ねた。

img240

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  2. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
  3. 2019-12-3

    台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

    熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と…
  4. 2019-12-3

    幻想的な光、駐杖橋の紅葉彩る 熱海梅園でライトアップ

    「熱海梅園もみじまつり」開幕中の熱海梅園では、夜間も観光客が訪れ、静かな雰囲気の中でライト…
ページ上部へ戻る