【文化】保存修理で「伊豆山権現像」輝き取り戻す、奈良国立博物館で「伊豆山神社」展

伊豆山権現立像

伊豆山神社が奈良国立博物館と奈良文化財研究所の協力のもとで保存修理を行っていた同神社所蔵の「銅造伊豆山権現像」=写真=の修理が終わり、2月6日から3月14日まで同国立博物館で特別展「伊豆山神社の歴史と美術」が開催される。同博物館では2012年に開催した特別展「頼朝と重源―東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆―」でも「銅造伊豆山権現像」を展示し、伊豆山神社の歴史と信仰を紹介したが、今回は「男神立像(だんしんりゅうぞう)」「法華曼荼羅(ほっけまんだら)」「阿弥陀(あみだ)如来坐像」「扁額(へんがく)伊豆大権現」など同神社伝来の貴重な宝物20数点も合わせて展示する。伊豆山神社がこれほど大掛かりな貸し出し展示を行うのは初めて。
◆保存修理 「銅造伊豆山権現像」は全身に広がる腐蝕がいちじるしく、面相部を覆う分厚い錆が像容の正確な把握を困難にしていた。今回の保存修理で像表面の錆を落としたところ、下層から造立当初の威厳ある顔立ちが現れ、またまばゆい輝きを放つ鍍金も多く残存。
◆伊豆山神社 伊豆権現、走湯権現とも呼ばれ、平治の乱で伊豆国に流された源頼朝(1147~99)が平氏打倒の兵を挙げる際、挙兵を後援し鎌倉幕府樹立へと導いた。東国の守護神として絶大な信仰を集め、歴代将軍や幕府要人は伊豆山神社と箱根神社に参詣する「二所詣」を重ねた。

img240

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る