【文化】信綱祭短歌大会に全国から1738首、新設の「大賞」に岸浩子さん

晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第41回佐佐木信綱祭短歌大会」(同実行委員会主催)が13日、起雲閣で開かれた。一般の部549首、小学生の部617首、中学・高校の部572首の計1738首の応募があり、佐佐木信綱大賞、静岡県歌人会賞、凌寒賞などがそれぞれ授与された。

信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱さんらが選者を務め、新設の「佐佐木信綱大賞」に岸浩子さん(静岡)の「エレベーターの真冬の窓に額を付けゆるゆる沈む今を見下ろす」を選んだ。

また熱海中学吹奏楽部27人による信綱作詞の「夏は着ぬ」「旧熱海中学校歌」が披露され、市内外から集まった約200人が信綱の遺徳を偲んだ。

信綱の旧居「凌寒荘」(熱海市西山町)も特別公開され、多くの市民や短歌愛好家が訪れた。

◇佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般の部の受賞首

IMG_2988pss  信綱の旧家「凌寒荘」

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る