公明比例・新妻ひでき候補 熱海入り 自民・藤曲県議、必勝はちまきで支援訴える

参院選投票まで残り4日となった7月17日、比例区で激闘を続ける公明党の新妻ひでき候補(48、比例区)が熱海市入り。JR熱海駅前で街頭演説を行い、公明党の蓮池章平県議、自民党の藤曲敬宏県議(熱海市選挙区)とともに「必勝」のはちまきを巻いて支援を訴えた。

藤曲氏は「今日は新妻候補が熱海に来られると聞いて、ぜひとも応援させていただきたいと駆けつけた。この6年半、自公政権が安定して景気が良くなり、雇用がしっかり確保できるようになったという声をよく聞く。安倍首相の力も大きいが、一方で、小さな声に寄り添い、生活目線で国民の声を政治に届ける公明党の役割も大きい」と話し、「公明党が提案し、自公で実現する。この連立政権が日本を支える基礎になっている。この夏から熱海市内の小中学校と幼稚園保育園にエアコンが整備されたが、この問題を国会で動いてくださったのが新妻先生」と紹介。「静岡選挙区は自民党の牧野京夫(たかお)の名前を、比例区では公明党の新妻ひできの名前を書いて欲しい」と訴えた。

新妻氏は人口減少と少子高齢化が急速に進んでいる熱海の問題にも触れ、「子育てを社会全体で支えることが大切」と話し、取り組む重点的な政策に①今年10月からの幼児教育・保育の無償化②来年4月からの私立高校の授業料無償化③大学などの給付型奨学金と授業料の減免の大幅拡充ーーを掲げ、自民党とともに「3つの無償化を着実に実施する」と約束。公明党熱海市議の米山秀夫、後藤雄一氏が同席した。

公明党は、全国の重点区からSNSで支持拡大を訴えており、この日は観光客でにぎわう熱海駅前に市内外の支援者が集結。「新妻さ〜ん、熱海からも応援していま〜す」と声を揃えで激励し、「ひできコール」を発信した。(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る