【スポーツ】伊東高・高栖選手が選手宣誓 初島・熱海間団体競泳「開会式」

第68回「初島・熱海間団体競泳大会(初島―熱海サンビーチ=約12キロ)」の開会式が3日、出場30チームの選手や関係者らが出席して熱海市役所で行われた。NPO法人熱海市体育協会の杉山誠一理事長のあいさつに続いて、前年優勝の伊東高校チームが斉藤栄市長に優勝旗を返還。6連覇を目指す同高水泳部の高栖翔選手が「日ごろの成果を十分に発揮し、全チームがぶじ初島ー熱海間を完泳することを願い、ベストを尽くします」と選手宣誓し、健闘を誓い合った。杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議が祝辞を述べた。
大会は初島港を4日正午にスタート。各チームの泳者3人は10メートル以内にまとまって泳ぎ、4時間の制限時間内でのゴールを目指す。各チームは午後2時過ぎから続々ゴールし、表彰式は午後4時15分から、渚親水公園ムーンテラスで行う。

◆杉山誠一理事長 この大会は大変権威と歴史があり、優勝チームには文部科学大臣から優勝杯が贈られます。昨年は高波と強い風でみなさん悪戦苦闘するなか、伊東高校が優勝されました。12キロを泳ぐ過酷なレースですが、どのチームも日ごろの練習の成果を存分に発揮していただき、全員が完泳できまうよう祈念しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊東高校・高栖翔選手

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜ヶ丘スイミングクラブ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る