【編集室】初川下流のカルガモ母子、カラスに睨まれ全滅危機

今月初めに熱海梅園の香林池で生まれたカルガモの子供たちが20日、初川下流の初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)に姿を見せ、市民や観光客が温かく見守った。

熱海梅園では母カルガモの背中を11羽の子供たちが元気に追いかけていたが、1週間前の13日から消息不明に。昨年同様に川下りに興じていたのだろうが、この日姿を見せた子カルガモはほぼ半数の6羽だけだった。

5羽は何らかの事情で別離。その理由が垣間見られた。カラスの襲撃だ。5月に入り、熱海市街でもカラスの産卵、子育ての時期を迎え、凶暴さを増している。早朝のゴミ集積場にはカラスが群がり、近付きがたいほどの殺気。初川を集団で下ってきたカルガモ一家を侵入者と思ったのか、上空から監視しているのだ。

母カルガモは子供たちに集団歩行や泳ぎ方などを指導する一方で24時間体制でカラスの襲撃を警戒。ほとんど寝不足状態で疲労困憊なのが見て取れた。見かねてか、近隣の市民らが、カラスが近寄らないようにカルガモ母子を橋や川沿いの欄干から心配そうに見つめている。

自然の摂理といえばそれまでだが、救う手立てはないものか。
(編集主幹・松本洋二)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1098ss

カラス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  2. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
  3. 2019-12-3

    台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

    熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と…
  4. 2019-12-3

    幻想的な光、駐杖橋の紅葉彩る 熱海梅園でライトアップ

    「熱海梅園もみじまつり」開幕中の熱海梅園では、夜間も観光客が訪れ、静かな雰囲気の中でライト…
ページ上部へ戻る