【市政】副市長に経産省の森本要氏(35) 選任同意案29日提出

熱海市の斉藤栄市長は26日、6月末で任期満了となる田辺国治副市長の後任として、経済産業省資源エネルギー庁長官官房総合政策課戦略企画室室長補佐の森本要氏(35)を起用する方針を決め、同日の議会運営委員会で各会派に提示した。29日の6月定例議会に選任同意議案を追加上程し、可決されれば、7月1日付で就任となる。任期は31年6月末までの4年。最大会派の自民党議員団が同意の方針を固めたことで就任は確実となった。

森本氏は平成15年4月に経済産業省に入省し、経済産業政策局経済産業政策課専門官、中小企業庁事業環境部金融課事業環境専門官などを経て、昨年6月から現職。法政大学文学部史学科卒。千葉市出身。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る