【観光】多賀湾に日本最大級「270基のかがり火」 郷愁誘う幻想的な光景

お盆に迎えた精霊を送る「百八体かがり火」(多賀観光協会主催)が16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。瀧川佳宏さんの太鼓の合図で長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれ、盆に迎えた先祖の霊を送り、無病息災を祈った。

南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。誘い出した害虫をまとめて除去したという。そんな農業行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火「百八体かがり火」という大掛かりな行事として復活。年々評判を呼び、多賀地区最大の観光イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今では270基まで増え、住民が総出で火をともした。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級という。

海を見下ろす国道135号の歩道や砂浜では市民や観光客が集まり、夏の夜空を焦がす壮大な270基の炎をスマホのカメラに収めるなどして、郷愁を誘う幻想的な光景を楽しんだ。

【かがり火動画】…IMG_0280

IMG_7066ss2 長浜IMG_7055ss3IMG_0276火つけたいまつブルー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る