【花情報】「大漁桜」が満開 阿治古神社がサクラダイ色に染まる


漁師まちで知られる熱海市網代の阿治古神社で、大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さんが作出した品種で、“大漁”の時期に咲き、サクラダイの色に似ていることからその名が付いた。漁師まち網代にぴったりの名で本殿横に2本植えられている。1998年ごろ、地元の漁業関係者が同神社に寄贈し、同神社の役員が大切に育てている。熱海の秘めた桜の名所。全国的にファンが多い。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る