【花情報】「大漁桜」が満開 阿治古神社がサクラダイ色に染まる


漁師まちで知られる熱海市網代の阿治古神社で、大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さんが作出した品種で、“大漁”の時期に咲き、サクラダイの色に似ていることからその名が付いた。漁師まち網代にぴったりの名で本殿横に2本植えられている。1998年ごろ、地元の漁業関係者が同神社に寄贈し、同神社の役員が大切に育てている。熱海の秘めた桜の名所。全国的にファンが多い。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-28

    夏の観光シーズンを前に千歳川2・5キロを一斉清掃/熱海市泉の3町内会

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月27日、神奈川県湯河原町の…
  2. 2018-5-28

    【お悔やみ】大月光司さん(熱海市下多賀)5月26日死去

    大月光司さん(おおつき・こうし)5月26日死去、87歳。熱海市下多賀。通夜29日午後6時。告別式30…
  3. 2018-5-27

    頼朝公の「武運」にあやかれ 下松田青年神輿、盛大に渡御/みそぎの滝神社

    来宮神社(雨宮盛克宮司)を本宮とする熱海市緑ガ丘町の「みそぎの滝神社」で5月28日、下松…
  4. 2018-5-27

    北島鉄修さんが金メダル 富山ねんりんピックに好発進/マスターズ水泳

    熱海市のマリンスパあたみで5月27日までの3日間、「2018年度日本マスターズ水泳短水路…
ページ上部へ戻る