【社寺】例大祭のトリは舞姫 女児5人が豊栄の舞いを奉納

今宮神社で20日、例大祭があり、神事を行った後、地元の熱海の女児5人が境内で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。5人は第一小1年とMOA保育園の年長組。今年9月から稽古に励んできた。稚児舞育成会の島田善一会長が泉明寺みずほ宮司ととも指導してきた。
「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露し、見物客から拍手を浴びた。

◆稚児舞奉仕者 志方希衣(第一小)、菅野妃咲姫、田代紗、大羽田美月、千葉裕希子(MOA保育園)
◆豊栄の舞 国文学者・臼田甚五郎(1915-2006)作詞
「あけの雲わけ うらうらと 豊栄のぼる 朝日子を
神の御蔭(みかげ)と おろがめば その日その日の 尊しや
土にこぼれし 草の実の 芽生えて 伸びて 麗しく
春秋飾る 花見れば 神の恵みの 尊しや」

IMG_2586ss

IMG_1738 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  2. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  3. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  4. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
ページ上部へ戻る