【社寺】送り火供養の「ろうそく祭」 小田原攻めの僧兵を供養

熱海市伊豆山の般若院で31日夜、豊臣秀吉に滅ぼされた、伊豆山の僧兵の供養をかねた「伊豆山送り火供養ろうそく祭」があった。僧兵と修験者が薙刀(なぎなた)や槍(やり)の武芸を披露し、斉藤栄市長や杉山利勝議長らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養した。岡本興尚住職によれば、当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史があり、戦前までは地元住人が毎年8月31日に送り火供養をし、その際に命を落とした3000人の僧兵や住民と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。
「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が10年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに、以前の送り火に代えて3000本のフローティングキャンドルを並べ、東日本大震災の犠牲者も合わせて供養している。
伊豆山の各町内会も沿道にろうそくを並べ、地区全体が幻想的な光に包まれた。

◆般若院(はんにゃいん) 真言宗の古刹で伊豆山神社(伊豆山権現)の別当坊だった寺院。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけ、一時住んでいた。山号は「走湯山」。豊臣秀吉の小田原攻めで焼亡したが、その後、徳川家康によって般若院の院号が与えられ、再建。明治の神仏分離によって伊豆山神社内から現在地に移転。大師堂には、弘法大師(空海)が自ら刻んだと伝えられる「大師像」(国重文)が安置されている。
JR熱海駅より東海バス七尾原循環で約6分、「般若院前」バス停下車。

IMG_0911IMG_8451ss3IMG_8482ss槍IMG_8530pss2 (1)IMG_8560ssIMG_8505ss2IMG_8578ssIMG_8593ssIMG_8625ss

IMG_8420ssIMG_8415ss

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-19

    残り少ない夏満喫 熱海海上花火大会に今年最高の3万9千人 市の人口上回る

    夏季熱海海上花火大会の第5弾が8月18日、熱海湾であり、市の総人口(7月末現在3万…
  2. 2019-8-19

    7月末の人口3万6811人 前月より27人減少、世帯数は2増加/熱海市

    熱海市は、7月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万6811人(男性1万6674…
  3. 2019-8-19

    【お悔やみ】小松素子さん(熱海市咲見町)8月18日死去

    小松素子さん(こまつ・もとこ)8月18日死去、88歳。熱海市咲見町。出棺23日午前11時、JAホー…
  4. 2019-8-19

    【お悔やみ】川口芳晃さん(熱海市下多賀)8月16日死去

    川口芳晃さん(かわぐち・よしあき)8月16日死去、81歳。熱海市下多賀。通夜18日午後6時30分。…
ページ上部へ戻る