【編集室】新人女性候補、市役所前でタヌキに

大型で勢力の強い細野タイフーンが熱海を去るの身をすくめて作戦を練っていた女性候補。一夜明けた23日朝、さっそく反攻に出た。午前7時前から市役所前で朝立ち。市の一般職員数は480人(4月1日現在)。その家族も含めれば、およそ1000人の大票田だ。他の候補はおらず、皮算用を始めたタヌキ姫だったが、通りかかった記者に「ほとんどが市外通勤者だよ」と軽く言われ、目が点になった。

それでも「1票1票の積み重ね」と自分に言い聞かせ、笑顔で「おはようございます」。神社の稚児たちに教えているだけに挨拶は上手い。選挙戦も5日目、さすがに「タスキ」は持参したが、今度はトックリを忘れた。
(編集主幹・松本洋二)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る