静岡DC、東京五輪で誘客に拍車 川口健会長を再選/網代温泉観光協会

網代温泉観光協会は6月6日、熱海市下多賀の南熱海網代温泉旅館協同組合事務所で平成30年度(2018年度)総会を開き、会長に川口健氏(磯料理・海辺の湯の宿 平鶴)を再選した。任期は2年。
■川口健会長の話 熱海市は3年連続で宿泊客数が300万人を突破しているものの、その効果が網代温泉などの南熱海まで行き届いていない。来年の静岡DC、再来年の東京五輪・パラリンピックというビッグチャンスをしっかりとらえ、伊豆半島ジオパークの世界認定、伊豆古道に絡んだ誘致にも取り組み、網代温泉に多くのお客様が来ていただけるよう精いっぱい努力していく。
(熱海ネット新聞)
■今年度の主な事業 湯宝神社祭典(7月13・14日)、ふる里祭り・盆踊り大会(8月14・15日)、網代温泉海上花火大会(8月16日)、馬頭観音例大祭(9月)、和田木神社秋祭り(10月20・21日)、ひもの祭り(11月~来年2月)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る