【市政】熱海市中央町駐車場 4月1日から供用開始、2層3段で105台

熱海市が、旧庁舎跡地に建設を進めている立体駐車場の工事が3月下旬に終了し、4月1日から「市中央駐車場」として供用が開始されることになった。2層3段で、駐車台数は105台。市が10日の市議会公共施設整備特別委員会で報告した。これに伴い、旧熱海岡本ホテル跡地の臨時駐車場は一般の利用ができなくなる。
◆予定料金 30分100円(8~16時間が一律1700円、それ以上は全て1時間100円)

 

FullSizeRender (93)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    晩秋の風物詩 熱海梅園に紅葉のじゅうたん、地面がオレンジや黄に染まる

    もみじまつりが閉幕した熱海梅園では、紅葉が最終章に入り、オレンジ色のモミジや黄のイチ…
  2. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  3. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  4. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
ページ上部へ戻る