【市政】熱海市中央町駐車場 4月1日から供用開始、2層3段で105台

熱海市が、旧庁舎跡地に建設を進めている立体駐車場の工事が3月下旬に終了し、4月1日から「市中央駐車場」として供用が開始されることになった。2層3段で、駐車台数は105台。市が10日の市議会公共施設整備特別委員会で報告した。これに伴い、旧熱海岡本ホテル跡地の臨時駐車場は一般の利用ができなくなる。
◆予定料金 30分100円(8~16時間が一律1700円、それ以上は全て1時間100円)

 

FullSizeRender (93)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る