【市政】熱海市中央町駐車場 4月1日から供用開始、2層3段で105台

熱海市が、旧庁舎跡地に建設を進めている立体駐車場の工事が3月下旬に終了し、4月1日から「市中央駐車場」として供用が開始されることになった。2層3段で、駐車台数は105台。市が10日の市議会公共施設整備特別委員会で報告した。これに伴い、旧熱海岡本ホテル跡地の臨時駐車場は一般の利用ができなくなる。
◆予定料金 30分100円(8~16時間が一律1700円、それ以上は全て1時間100円)

 

FullSizeRender (93)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る