【市政】熱海市役所に義援金箱設置 盟友「温泉所在都市」熊本県7市が被災

熱海市は18日、市役所第一庁舎1階総合窓口と福祉センター受付の2カ所に「平成28年熊本地震」の義援金箱を設置した。義援金は日本赤十字社を通して被災地に寄付される。6月30日まで設置する。
森本要副市長によれば、市は姉妹都市盟約を締結する大分県別府市と市危機管理室を通して連絡を取り合い、必要があれば非常食や毛布などの救援物資を送る準武備を整えているが、いまのところ大きな被害は出ていないという。一方、全国109の温泉都市で作る「温泉所在都市協議会」に加盟する熱海市は、九州各地に熊本県の7市をはじめ、17の加盟温泉都市があることから、同協議会会長の佃弘巳伊東市長と連携して被災状況の情報収集を進めている。
義援金の問い合わせは長寿総務室 0557-86-6322へ。

◆九州各県の温泉所在都市
【熊本県】八代市、人吉市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、阿蘇市
【大分県】大分市、別府市、日田市、竹田市、由布市
【佐賀県】武雄市、嬉野市
【長崎県】島原市、雲仙市
【福岡県】筑紫野市
【宮崎県】日南市、えびの市
【鹿児島県】鹿児島市、指宿市、霧島市

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る