【県政】市長とノーサイドの「握手」、藤曲氏に当選証書

12日の県会議員選挙の熱海市選挙区に当選した藤曲敬宏氏(48)=自民=への当選証書付与式が13日、市役所第3庁舎会議室で行われた。市選挙管理委員会の石井拓治委員長が手渡した。任期は5月1日から平成31年(2019年)4月30日までの4年間。

相手候補者を支援していた斉藤栄市長は「大変な激戦を制して当選されました藤曲新県会議員、本当におめでとうございます」と祝辞を述べ、「今熱海は徐々にお客様が増え、にぎわいを取り戻しています。しかし人口問題をはじめ、熱海が取り組まなければいけない課題が多々あります。そういった中で、県政の力は不可欠になってまいります。新たな県会議員になられました藤曲議員におかれましては、市と県のパイプ役になっていただくことを強くお願いいたします」と歩み寄りをみせた。

これに対し、藤曲氏は「選挙が終わったらノーサイドです。今回のような一騎打ちになると、熱海の過去の例をみますと、遺恨を残したり、いろんな感情が残ったりすることがありました。これは市民にとっても不幸です。私は相手候補を含めて、熱海市政のために働くという気持ちでスタートしております。市民ために精一杯働かせていただきます」と淡々と話した。

付与式を終えると、市長は藤曲夫人や後援会幹部のもとに足を運び、「おめでとうございました」と手を差し伸べた。後援会幹部から「市長、ノーサイドだよ」の声がかかると、市長は「ノーサイドは市長が決めることではないですから」と軽快に答え、笑いが起きた。藤曲氏は「私は選挙期間中から、選挙が終わればノーサイドと話していた。政調会を設けるなどして市民のために協力していきましょう」と応じ、市長と握手を交わした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡県内で感染初確認

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染した人が確認されたのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に…
  2. 2020-2-28

    客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホールの計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  3. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  4. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
ページ上部へ戻る