【社寺】平和通り商店街に「どっこい、そーりゃ」 大楠連が神輿渡御

丹那神社の例祭で「大楠連」(待井裕晃代表)が2基の神輿(みこし)で同神社周辺を渡御した。その後、同連や友好団体の200人余りが熱海駅に移動。観光客で賑わう平和通り商店街に「どっこい、そーりゃ」のかけ声を響かせながら威勢良く練り、江戸神輿とどっこい神輿を巡航させた。大楠連は2010年に市民有志で結成した奉仕団体。会員に丹那トンネル工事関係者の子孫がいたことから、同神社の例祭を盛り上げようと「丹那神社」ののぼりを先頭に渡御を行っている。駅前広場では昨年に続いて熱海囃子笛伶会がお囃子を演奏し、観光客らに丹那神社をアピールした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2基アップトップ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る