【ゴルフ】渡邉彩香、2打差の2位浮上 2日目ベストスコアの66

◇ヨコハマタイヤPRGRレディース第2日(12日・高知土佐CC=6217ヤード、パー72)
10位から出た渡邉彩香(22)=大東建託=7バーディ、1ボギーでスコアを6つ伸ばし、通産7アンダーで首位に2打差の2位に浮上した。キム・ハヌル(韓国)が通算9アンダーで首位をキープ。イ・ボミ(韓国)が6アンダーの3位。飯島茜、柏原明日架が5アンダーの4位。

超一流の登竜門。今大会へかける渡邉彩香の意気込みがすごい。その気持ちがパワーに変わり、この日のベストスコア「66」の猛チャージを披露した。「去年までは成績がいまひとつのせいもあるけど、すごく難しい感じばかりがしていた。でも今年は、コースが狭いと思わない。いいイメージが浮かんでくる」。さらなる頂を目指している渡邉にとって、苦手をつくらないことは将来へ向けての大きなテーマだ。今オフも100ヤード以内のショットに磨きをかけた。「徹底して練習しました。今までは、100ヤードを切ると、チャンスにつけなくてはいけない。そんな気持ちばかりが先走って、いい結果が出なかったから。その点、今年は練習のように打てばいい、と楽にプレーができる」と違いを明かす。

1日中、100ヤード以内だけのショットを練習することが当たり前になったという。最終日のターゲットは、もちろん優勝だ。そして特別な舞台装置が用意されている。イボミとの直接対決…。「去年、何度も負けていますね。ただ、そのおかげで課題がみつかったわけだし、(イに)勝ちたいという気持ちがものすごく強くなった」。圧倒的な飛距離のアドバンテージを誇る渡邉に、小技のテクニックが加わった今季の変身ぶりを、イはどう感じるのだろうか。

記事と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る