【編集室】3月3日は「家康公の来熱記念日」御成橋を清め、熱海をPR


「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)は3日、家康公が熱海を訪れた際に渡った糸川にかかる御成橋の「橋洗い」を行った。東照公記によれば、家康公は慶長9年(1604年)3月3日に湯治のため熱海温泉を訪れたとあり、その史実をもとに同委員会は2006年から毎年この日に橋を清掃して、熱海温泉の名を全国に知らしめた大御所に感謝している。今年も熱海ワイズメンズクラブや友楽町、浜町、本町、中央町の糸川周辺の4町内会の計20人が参加。御成橋とドラゴン橋の欄干を磨き、あたみ桜が咲き終えた遊歩道を掃き清めた。

「御成橋」の名は、家康公が熱海を訪れた際、この橋を通って「御成り」になったことに由来し、橋には家康公が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれている。二見会長は「長年、この活動を続けてきたことで、家康公が熱海に来てくれたことを知ってもらえている。この橋の欄干を赴きがあるように建て替え、熱海の観光名所にしたい」と話した。ただ、せっかくの家康公の句や説明が野暮な集客看板に覆い隠されているのがちょっと残念。景観を損ねている、と違和感を口にする観光客は少なくない。
◆徳川家康と熱海温泉 慶長9年(1604年)3月、家康は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、本陣今井半太夫の湯亭に逗留した。関ヶ原合戦前の慶長2年(1597年)3月にも訪れ、熱海の湯で天下取りへ心身の疲れを癒した。計2度訪れた。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  2. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  3. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  4. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
ページ上部へ戻る