【編集室】3月3日は「家康公の来熱記念日」御成橋を清め、熱海をPR


「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)は3日、家康公が熱海を訪れた際に渡った糸川にかかる御成橋の「橋洗い」を行った。東照公記によれば、家康公は慶長9年(1604年)3月3日に湯治のため熱海温泉を訪れたとあり、その史実をもとに同委員会は2006年から毎年この日に橋を清掃して、熱海温泉の名を全国に知らしめた大御所に感謝している。今年も熱海ワイズメンズクラブや友楽町、浜町、本町、中央町の糸川周辺の4町内会の計20人が参加。御成橋とドラゴン橋の欄干を磨き、あたみ桜が咲き終えた遊歩道を掃き清めた。

「御成橋」の名は、家康公が熱海を訪れた際、この橋を通って「御成り」になったことに由来し、橋には家康公が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれている。二見会長は「長年、この活動を続けてきたことで、家康公が熱海に来てくれたことを知ってもらえている。この橋の欄干を赴きがあるように建て替え、熱海の観光名所にしたい」と話した。ただ、せっかくの家康公の句や説明が野暮な集客看板に覆い隠されているのがちょっと残念。景観を損ねている、と違和感を口にする観光客は少なくない。
◆徳川家康と熱海温泉 慶長9年(1604年)3月、家康は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、本陣今井半太夫の湯亭に逗留した。関ヶ原合戦前の慶長2年(1597年)3月にも訪れ、熱海の湯で天下取りへ心身の疲れを癒した。計2度訪れた。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  2. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  3. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  4. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
ページ上部へ戻る