【編集室】3月3日は「家康公の来熱記念日」御成橋を清め、熱海をPR


「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)は3日、家康公が熱海を訪れた際に渡った糸川にかかる御成橋の「橋洗い」を行った。東照公記によれば、家康公は慶長9年(1604年)3月3日に湯治のため熱海温泉を訪れたとあり、その史実をもとに同委員会は2006年から毎年この日に橋を清掃して、熱海温泉の名を全国に知らしめた大御所に感謝している。今年も熱海ワイズメンズクラブや友楽町、浜町、本町、中央町の糸川周辺の4町内会の計20人が参加。御成橋とドラゴン橋の欄干を磨き、あたみ桜が咲き終えた遊歩道を掃き清めた。

「御成橋」の名は、家康公が熱海を訪れた際、この橋を通って「御成り」になったことに由来し、橋には家康公が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれている。二見会長は「長年、この活動を続けてきたことで、家康公が熱海に来てくれたことを知ってもらえている。この橋の欄干を赴きがあるように建て替え、熱海の観光名所にしたい」と話した。ただ、せっかくの家康公の句や説明が野暮な集客看板に覆い隠されているのがちょっと残念。景観を損ねている、と違和感を口にする観光客は少なくない。
◆徳川家康と熱海温泉 慶長9年(1604年)3月、家康は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、本陣今井半太夫の湯亭に逗留した。関ヶ原合戦前の慶長2年(1597年)3月にも訪れ、熱海の湯で天下取りへ心身の疲れを癒した。計2度訪れた。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

2月
8
2020
11:00 AM パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
2月 8 @ 11:00 AM
あたみ桜糸川桜まつりでパーカションなどの演奏。11:00〜、13:00〜
渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-1-26

    熱海・伊豆山神社で楽市楽座 地場産品や飲食、フリマなど17店

    源頼朝・北条政子が結ばれた熱海市の伊豆山神社で1月25日、様々な飲食店や地場産品、…
  2. 2020-1-25

    熱海商議所青年部、タスキつなぐ アンカー赤尾さん、藤間さん完全燃焼

    熱海市民駅伝を盛り上げたのが、一般の部に初参加した熱海商工会議所青年部。熱海市民のスポーツ…
  3. 2020-1-25

    あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月25日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(…
  4. 2020-1-25

    熱海市民駅伝 中部Aチーム、6年連続の総合優勝 2位は多賀A

    第16回熱海市民駅伝競走大会が1月25日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6…
ページ上部へ戻る