御神船「両宮丸」に助っ人、熱海高ヨットと中央大「根本ゼミ」 阿治古神社例大祭

地域住民の若者不足で阿治古神社例大祭の神幸行列、御神船「両宮丸」の巡航が困難になっていることを受け、7月20日、中央大学商学部の男女大学生19人と熱海高校ヨット部の8人が助っ人”として駆け付けた。中央大の男子10人は片町南町の引き隊、女子学生9人は宮崎町の獅子に加わり、御神船の巡行に一役買った。

いずれも根本忠宣(ただのぶ)教授のゼミ生(国際金融)。同教授は16年前から網代にも自宅を構え、東京と熱海を行き来している。一昨年からゼミ生が参加している。

熱海高のヨット部は同校運動部の最大部員数を誇り、昨年に続いて引き隊に加わった。両宮丸の巡行には最低60人の成人男子が必要とされ、伝統の祭りをサポートした。

(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  2. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
  3. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  4. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
ページ上部へ戻る