御神船「両宮丸」に助っ人、熱海高ヨットと中央大「根本ゼミ」 阿治古神社例大祭

地域住民の若者不足で阿治古神社例大祭の神幸行列、御神船「両宮丸」の巡航が困難になっていることを受け、7月20日、中央大学商学部の男女大学生19人と熱海高校ヨット部の8人が助っ人”として駆け付けた。中央大の男子10人は片町南町の引き隊、女子学生9人は宮崎町の獅子に加わり、御神船の巡行に一役買った。

いずれも根本忠宣(ただのぶ)教授のゼミ生(国際金融)。同教授は16年前から網代にも自宅を構え、東京と熱海を行き来している。一昨年からゼミ生が参加している。

熱海高のヨット部は同校運動部の最大部員数を誇り、昨年に続いて引き隊に加わった。両宮丸の巡行には最低60人の成人男子が必要とされ、伝統の祭りをサポートした。

(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る