【社会】熱海出身の戦没者1062人の慰霊法要、平和を祈る

熱海市は16日、熱海梅園やすらぎの塔前で「平成27年度熱海市戦没者追悼式・慰霊祭」を開いた。熱海市遺族の会会員や市、市議会関係者ら約30人が参列し、1877年(明治10年)の西南戦争から太平洋戦争までの戦争で亡くなった熱海出身の戦没者1062人の霊を慰め、犠牲者の冥福を祈った。
式では参列者全員で黙とうをささげた後、森本要副市長、杉山利勝市議会議長が式辞、遺族会の米山勉会長が追悼の辞を述べ、参列者が白い花をささげて犠牲者の冥福を祈るとともに平和への誓いを新たにした。
追悼式に続いて、静霊奉賛会熱海市連合会支部と熱海市遺族会が合同で慰霊祭を開き、参列者全員が玉串を奉天し、故人を悼んだ。

米山会長 杉山 副市長 超とっぷ 神主 全員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る