【スポーツ】名門復活へ、新生「熱海高ヨット部」が発進

熱海市上多賀の多賀湾を会場に24日、静岡県高校新人大会・ヨット競技が始まった。静岡県を代表する県立熱海、県立相良(牧之原市)の1、2年生部員18人がFJ級(2人乗り)、シーホッパー級SR(1人乗り)の2種目で熱戦を展開した。1年生にとってはデビュー戦となる大会で、今年、熱海高は例年を大きく上回る9人の新人が入部したことから、27年ぶりに多賀湾で開催した。
開会式では、県高等学校ヨット専門部長の岩田享熱海高校長が「熱海高校ヨット部は東京五輪(1964年)に日本代表選手を輩出した名門。27年ぶりの戸又港での開催はうれしい限り。来年5月のインターハイに向けて両校とも最高のスタートを切ってほしい」とあいさつ。加藤文哉主将=多賀中=が選手宣誓を行い、2日間の”2強初手合わせ”が繰り広げられた。

◆復活 現在部員数は3年=2人、2年=5人、1年=9人。同校ヨット部OBでコーチの鷲尾大吾さんらがのプロモーションビデオを製作して入部者を勧誘。一時期は部員2人まで減少したが、OBのバックアップで入部者が年々増加。全国大会の常連校へ復活。

ヨット庫【スポーツ】名門復活へ、新生「熱海高ヨット部」が出航

出航 トップ レース

全選手 選手宣誓加藤主将

選手宣誓する加藤文哉主将と岩田享校長(ヨット専門部長)

多々良顧問

多々良勇也顧問(熱海高教諭)

鷲尾大吾

鷲尾大吾コーチ(熱海高OB)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エントリー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る