【スポーツ】名門復活へ、新生「熱海高ヨット部」が発進

熱海市上多賀の多賀湾を会場に24日、静岡県高校新人大会・ヨット競技が始まった。静岡県を代表する県立熱海、県立相良(牧之原市)の1、2年生部員18人がFJ級(2人乗り)、シーホッパー級SR(1人乗り)の2種目で熱戦を展開した。1年生にとってはデビュー戦となる大会で、今年、熱海高は例年を大きく上回る9人の新人が入部したことから、27年ぶりに多賀湾で開催した。
開会式では、県高等学校ヨット専門部長の岩田享熱海高校長が「熱海高校ヨット部は東京五輪(1964年)に日本代表選手を輩出した名門。27年ぶりの戸又港での開催はうれしい限り。来年5月のインターハイに向けて両校とも最高のスタートを切ってほしい」とあいさつ。加藤文哉主将=多賀中=が選手宣誓を行い、2日間の”2強初手合わせ”が繰り広げられた。

◆復活 現在部員数は3年=2人、2年=5人、1年=9人。同校ヨット部OBでコーチの鷲尾大吾さんらがのプロモーションビデオを製作して入部者を勧誘。一時期は部員2人まで減少したが、OBのバックアップで入部者が年々増加。全国大会の常連校へ復活。

ヨット庫【スポーツ】名門復活へ、新生「熱海高ヨット部」が出航

出航 トップ レース

全選手 選手宣誓加藤主将

選手宣誓する加藤文哉主将と岩田享校長(ヨット専門部長)

多々良顧問

多々良勇也顧問(熱海高教諭)

鷲尾大吾

鷲尾大吾コーチ(熱海高OB)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エントリー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る