【市政】昨年末の人口3万8055人 1年間で387人減少、世帯数は53増える

熱海市は昨年12月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万8055人(男性1万7214人、女性2万0841人)で前月比で38人増え、3万8千人台をかろうじてキープした。男女別では男性が14人、女性が24人増えた。16人が出生し、64人が死去。転入が205人、転出が119人。
地区別では、熱海2万690人(前月比18人増)、伊豆山3592人(4人増)、泉2442人(10人増)、初島202(3人減)、上多賀3257人(16人増)、下多賀6353人(9人減)、網代1519人(2人増)。世帯数も2万1277で53増えた。
一昨年末の総人口は3万8442人。昨年1年間で387人減少したが、世帯数は53増えた。若年単身者の転入が増えたと思われる。明るい兆しも見えてきた。

写真=「初日の出クルーズ」のイルドバカンス・プレミア(富士急マリンリゾート)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る