【花情報】梅園で「開運」特需、この梅の写真がお土産に人気

熱海梅園で超遅咲き梅の「開運」がピンクの花を咲かせ、ようやく見頃に入った。まつりの後の園内でにわかに脚光を浴びている。毎年、472本中の梅の木の中で一番最後に咲く。全国には名前にちなんでこの花を使い、「開運うめまもり」を販売する神社もある。近年、熱海梅園でもこの梅の写真をお土産に持ち帰るのが、ブームになっている。遠方で来園できないの方は、本紙の写真をお役立てください。

1トップ 2 3

熱海梅園=3月16日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る