【花情報】梅園で「開運」特需、この梅の写真がお土産に人気

熱海梅園で超遅咲き梅の「開運」がピンクの花を咲かせ、ようやく見頃に入った。まつりの後の園内でにわかに脚光を浴びている。毎年、472本中の梅の木の中で一番最後に咲く。全国には名前にちなんでこの花を使い、「開運うめまもり」を販売する神社もある。近年、熱海梅園でもこの梅の写真をお土産に持ち帰るのが、ブームになっている。遠方で来園できないの方は、本紙の写真をお役立てください。

1トップ 2 3

熱海梅園=3月16日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る