【社寺】総ざらい稽古で本番「0K」、稚児舞リハーサル

19、20日の今宮神社例大祭で「豊栄(とよさか)の舞」を奉納する稚児5人が17日、初めて稚児衣装に身を包み、本殿前で本番と同じ時間帯でリハーサルを行った。今年の奉仕者は5、6歳の女児5人。10月から稽古を始め、この日が9回目。前回の稽古まではまだどこか幼さが残っていたが、本番の稚児衣装をまとうと、すっかり舞姫に変身。玉串奉てんの練習もそつなくこなし、見守っていた稚児指導を総括する島田善一さんや泉明寺みずほ宮司、父兄から笑みがこぼれた。
稚児舞の奉納は宵宮祭の19日午後5時30分と例大祭本祭の20日午後4時に催される。

◆今年度今宮神社例大祭・稚児舞奉仕者
・志方希衣(しかた・きい)=6歳、第一小1年
・菅野妃咲姫(すがの・きさき)=5歳、MOA保育園
・田代紗(たしろ・すず)=5歳、同
・大羽田美月(おおはた・みづき)=6歳、同
・千葉裕希子(ちば・ゆきこ)=5歳、同)

全員 トップ 玉ぐし 外

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る