【文化】植物研究園で「春の一般公開」始まる 24日までの12日間

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で12日、「春の一般公開」が始まった。真っ赤に色づいたシダレモモ(枝垂れ桃)、ミツバツツジなどが見ごろを迎え、春に紅葉する珍しいノムラカエデカエデも色づき始めた。クマガイソウやアマギシャクナゲも開花の兆しを見せている。
園内には渓流が流れ、数多くの樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成している。眼下の相模湾には初島、伊豆大島が望め、周囲を山や木々に囲まれた環境にある。
この庭園は樹木やせせらぎを自然のまま活かし、池や庭石などを巧みに配し、日本庭園としての風格を保っている。
通常は植物研究に関わる研究者の利用に限られているが、新緑と花の咲き誇る春と紅葉が美しい秋の2回、一般に公開。春は科学技術週間にあわせて公開する。24日まで。
◆植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して平成3年に開園。現在は大学などの研究拠点のため非公開。標高277~310メートル。約1万2270平方メートルの園内には、400種以上の草花が植えられている。
◆アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。熱海市相の原町11の8。問い合わせは☎0557-81-2656(同園)。

池トップ背中 シダレモモ ミツバツツジ 池 IMG_1472ss3入口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る