【県議選】橋本一実氏が敗戦の弁

熱海市中央町の橋本一実氏の選挙事務所では午後10時15分ごろ、藤曲氏の当選確実の情報が流れると、開票を見守っていたおよそ80人の支援者からため息が漏れた。
まもなく橋本氏が事務所に現れ、支援者や応援してくれた民主党市議に「力不足で申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。二人三脚で選挙戦を戦った斉藤栄市長夫妻も駆け付け、支援者やスタッフの労をねぎらった。

橋本氏は「民主党への厳しい風が吹いていたことは選挙戦をやっていて感じた。そのことより、早い時期から橋本は大丈夫、という声があり、これがやまなかったことのほうが大きかった。必死さが足りなかった。選挙をしていなかったことも響いた。しかし、今度の県議選でいろんな地域の皆様の声を聞くことができた。これを今後の糧にしたい」と話した。

◇松尾光貴選対委員長の話 大変厳しい選挙になるのは分かっていたが、最低でも53%と想定していた投票率が予想以上に低かった(49・26%)。天候に左右された面もあるが、市民の政治への無関心もある。もう少し、政策に目を向けてほしかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る