【社会】機上無線員の聞間祐太さんは網代出身 空自機墜落事故6人全員死亡 

鹿児島県鹿屋(かのや)市の御岳(おんたけ)付近に航空自衛隊のジェット機「U125」が墜落した事故で、防衛省は8日、心肺停止状態で発見された6人全員の死亡を確認したと発表した。同機に搭乗していたのは、機長の平岡勝3佐(46)、副操縦士の原口司1尉(34)、機上無線員の白鳥博己准尉(52)と聞間(ききま)祐太3曹(27)、機上整備員の渡貫郁夫曹長(43)と米沢鉄平2曹(34)。
機上無線員の聞間さんは熱海市網代出身で網代小、中から日大三島高に進学し、2007年に航空自衛隊に入隊。毎年、地元の阿治古神社の例大祭を楽しみにし、昨夏も休みをとって参加していた。家族が7日、現地に向かった。
写真=聞間祐太さんのfb、自衛隊のU125飛行点検機は航空自衛隊のHPより

asahimati

a7a9e312

U125は6日午後1時15分に鹿屋航空基地を離陸し、同基地から約11キロを円弧状に飛行し西に向かった。同日午後2時31分ごろ、管制塔と交信し、その約4分後に鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山付近でレーダーから機影が消えた。最後の交信記録では異常はなかった。
消息を絶つ直前、U125の高度は約880メートルだったとみられ、御岳より低い高度で飛行し、山の斜面に衝突したとみられる。防衛省航空幕僚監部は航空事故調査委員会の調査団を現地に派遣。飛行データを記録したフライトレコーダーや、操縦室内の会話を録音したボイスレコーダーを墜落現場から回収。こうした記録の解析などを通じて事故原因の調査を進める。

円覚寺

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る