【選挙】江原啓之さんがパワー注入 竹部隆候補を応援

スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんが23日、熱海入り。市内清水町バス停近くであった竹部隆候補の街頭演説に駆けつけ、霊界パワーを注入した。

新人の竹部氏は元市財政部長などの行政経験37年の実績が評価され、着実に支援者を増やしている。しかし、どうにもならないのが市議選の投票率。12日の県議選でも旧市街は軒並み34~38%。投票所に行ってもらわないことには、肝心の票にならない。江原さんが旧知の竹部候補の応援に訪れたのも、投票率パワーアップの狙いもある。

選挙戦は終盤を迎え、各候補とも独自の政策を訴え、差別化を図っている。
竹部氏が強調したのが、「南欧熱海」を目指し、国、県、市が合同で海岸線の整備に取り組んできた「コースタルリゾート(CR)計画」の再加速。整備が遅れていることに「国、県への熱海のアプローチが不足しているのが原因」とする竹部氏は「県議選の勝利で国、県へのパイプがつながったのだから、積極的にお願いして積極的に工事を進めていただく。そのためには大きな力が必要。市議会に大勢の仲間を集めて、声を大きくして市を動かす。海岸線がきれいになれば、春から秋、秋から春へと年間を通じて散策でき、熱海にお客様を呼ぶことができる」と訴えた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_5761ss DSC_5799ss (1) DSC_5804ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る