海上の迎賓〝艦〟海上自衛隊の特務艇「はしだて」熱海港に寄港 一般公開21日も

海上自衛隊の特務艇「はしだて」が7月20日、熱海市の熱海港ナナハン岸壁に寄港し、市内外から多くの見学者が訪れた。入港歓迎式典には、齋藤栄市長、村山憲三市議、宿崎康彦市観光建設部長、植田宜孝危機管理監、宮川知己自衛隊静岡協力本部長、兼本貢祐同神奈川地方協力本部長らが出席。市長の歓迎あいさつに続いて、ミス熱海「梅娘」小森眞綾さんが押川秀成艇長に花束を贈った。返礼で熱海市に「はしだて」の記念品がプレゼントされた。

一般公開では、はしだての甲板や操船指揮所となる艦橋(ブリッジ)などを公開。甲板では救急・救助装備や同船の活動を紹介したパネルなどを展示。海上自衛隊制服の試着コーナーもあり、子どもたちが艦をバックに記念写真を撮影ー。

はしだては全長62メートル、総トン数400トンで、天橋立(京都府宮津市)にちなんで命名された。1999年11月に横須賀基地(神奈川県横須賀市)で就役。海自唯一の特務艇で、災害時の医療や給食の支援のほか、国内外の来賓客の接客や広報活動なども任務とする。

陸海空の3自衛隊で、最も食事がおいしいと評判なのは伝統的に海自。中でも、海上の迎賓〝艦〟はしだての厨房は別格とされ、4人の調理員が海軍カレーをはじめ、オードブル、すし、和洋中の料理、デザートなどで様々な来賓をもてなす。この日は村山氏などが海軍カレーを試食した。

一般公開は、21日も行われ、時間は午前9時半〜11時半、午後1時半〜午後3時。陸上自衛隊の車両展示、自衛官等制度の説明コーナーもある。

(熱海ネット新聞・松本洋二)

■主催  自衛隊静岡協力本部、同神奈川地方協力本部

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る