【観光】海上花火大会「夏の陣」が開幕、「ホテルサンミ倶楽部」から

夏季熱海海上花火大会(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)の第1弾が26日夜、熱海湾であった。防波堤の3カ所から打ち上げられた5000発の大輪の「花」が、2万7000人の市民や観光客を魅了した。渚親水公園や熱海サンビーチ、熱海城などには開始前から多くの見物客が訪れ、スターマインや尺玉、創作花火などが放つまばゆい光の大輪と大音響に酔いしれた。フィナーレを飾った圧巻の大空中ナイアガラが熱海の夜空をオレンジ色に染めあげると、大きな歓声があがった。
本紙では市内のホテル旅館などから観た熱海海上花火大会をお届けしている。今回は「ホテルサンミ倶楽部」から。

◆熱海夏季海上花火大会 26日と30日(木)、8月5日(水)、7日(金)、17日(月)、23日(日)、28日(金)

2みどり  34トップIMG_3933ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る