【文化】海蔵寺で82回忌法要、熱海ゆかりの坪内逍遥しのぶ 

晩年を熱海で過ごした小説家坪内逍遥の功績をしのぶ法要が28日、熱海市水口町の海蔵寺で営まれ、早大関係者や熱海稲門会会員らが参列した。
法要は毎年、命日の2月28日に開かれる「逍遥忌記念祭」の後に同寺で営まれ、82回忌となる今年も馬場峰俊住職が読経を捧げ、参列者が墓石の前に立ち、手を合わせて焼香した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

45回目となる「逍遥忌記念祭」は起雲閣音楽サロンで開かれ、斉藤栄市長、西島幹人熱海稲門会(早稲田大学OB会)会長、岡室美奈子早大坪内博士記念演劇博物館館長がお慕いのことばを奉読した。杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議のあいさつに続いて、坪内逍遥のうた保存会が「世界の公園」「小蓬莱」などを披露し、出席者全員で逍遥が作詞した「熱海市歌」を斉唱した。
記念講演では児玉竜一早大文学学術院教授が「坪内逍遥と大坂冬の陣・夏の陣」をテーマに話し、熱海稲門会幹事長の内田宗一郎さんがお礼の言葉を述べ、古屋旅館が所蔵する逍遥が双柿舎で熱海を詠んだ直筆の歌「ちかき山 ゆきはふれれと 常春日 あたみのさとに ゆけたちわたる」の書を披露した。この歌は糸川遊歩道の坪内逍遥の歌碑でも知られる。おいの娘で女優の坪内ミキ子さんも出席した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は逍遥の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」も開館され、多くの逍遥ファンや早大関係者が訪れた。

hutaba

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る