【ゴルフ】渡辺彩香は納得の2位、メジャーチャンプのイーグルに脱帽

◇富士通レディース最終日(18日・千葉東急セブンハンドレッドC西=パー72)
2位から出た渡辺彩香(22)=ユピテル=は4バーディー、3ボギーの71と差を詰め切れず、4打差の2位。賞金720万円を加算した。テレサ・ルー(台湾)が1イーグル、4バーディー、5ボギーの71で回り、通算13アンダーで今季5勝目を挙げた。
67で回った青木瀬令奈が6打差の3位。イ・ボミ(韓国)は2アンダーの12位。同じ2アンダーで新垣比菜(沖縄・興南高2年)がローアマチュアに輝いた。

ホールアウト後、報道陣の前に現れた渡辺彩香。今日の感想を聞かれると、しばらく言葉に窮した後、「出入りの激しさが全てです」と答えた。首位のテレサ・ルーとは4打差の射程圏内でスタートした。出だしの1番、パー5では、見事に2オンに成功。イーグルこそならなかったが、バーディーを奪い幸先の良いスタートを切った。昨日、ポイントにあげていた「攻めのパー5」。スタートからやってみせた。しかし、「ミスショットもあったし、ミスパットもあった」と、今日の渡辺は不安定。「首位とは差があったのでついていかないといけないと思った。それがミスに繋がったこともあった」と、ルーにプレッシャーをかけるはずが、逆に自分を追い込んでしまった。「自分にもチャンスがあったのに、ものに出来なかった」。今日の敗因はそこに集約される。

しかし、「3日間同じ組で、とても勉強になりました」と、メジャーチャンプから教わることもあったという。さらに、「自分ももっとできたと思う」と付け加えた。ルーには追いつくことはできなかった。しかし、自分の可能性を感じた一週間だった。

文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る