【観光】温泉に感謝、芸妓神輿が練る 湯かけまつり

温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第22回「湯かけまつり神輿パレード」が23日夜、熱海・泉公園で開催され、多くの観光客や地域住民がかけつけた。

湯河原町の不動滝を午後7時に出発した芸妓神輿、宿泊客の女性神輿、湯河原睦会、素鳶、巽連の5基の神輿が、見物客からお湯をかけられながら2・5キロを練り歩いた。沿道には温泉の「湯」が入った樽(1000樽、約60トン)が用意された。

午後9時過ぎに藤曲敬宏県議、田辺国治副市長、杉山利勝議長、高橋幸雄前議長、佐藤元昭熱海温泉組合長らが待つフィナーレ会場の泉公園に到着。泉太鼓や「どっこい」「どっこいそーりゃ」の神輿甚句が響き渡るなか、勇壮な練りがいくつも重なり、まつりは最高潮に達した。

◇湯かけまつり
江戸時代、将軍家や大名家に湯河原の温泉を献上する「献湯神輿」出発の際、道中の安全を祈願してお湯をかけてお祓いする儀式を再現。熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会(渡邉宗男会長)、同旅館組合(藤森健司理事長)が協賛。

IMG_1516ss IMG_1506ss IMG_1533ssIMG_1538ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る