【社会】激しい雨と風、熱海市内全域(21280戸38240人)に一時「避難準備」発令

台風18号の直撃は免れたものの熱海市では9日午前9時15分に土砂災害の危険性が高まったとして市内全域(21280戸38240人)に避難準備情報を発令。南熱海支所、いきいきプラザ、泉支所の3カ所に避難所を開設し、危機管理課、消防など71人が警戒にあたった。けが人や大きな物的被害はなかったが、断続的に降り続く雨と風で交通は混乱。JR伊東線は午前8時前から3時間、東海道線の熱海-小田原間も1時間にわたって運転を見合わせた。
熱海-初島間を運行する富士急マリンリゾートの定期船は、午後2時10分熱海発の往復1敏以外が欠航。東海汽船の大島航路は全便欠航した。

避難準備情報は同日午後1時13分、解除された。

IMG_9000ssIMG_2021ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-14

    熱海市でまた2人が新型コロナ感染 カラオケ飲食店でクラスターの可能性

    熱海市で新たに2人が新型コロナウイルスに感染し、県と市は「夜の街」のクラスター(集団感染)を警戒し…
  2. 2020-7-14

    大腸がん克服、鉄人スイマー北嶋鐵修さんに特別体育功労章 熱海市体育協会

    熱海市体育協会(杉山誠一会長)は、2020年の体育章の受賞者を発表した。市の体育協会加盟団体の中か…
  3. 2020-7-14

    熱海市が花火大会と海水浴場開設の「事前PR動画」 16日からHPにリンク

    昨年8月11日、熱海サンビーチ 新型コロナウイルスの感染防止のために首都圏などで夏のイベント…
  4. 2020-7-14

    熱海の90代の女性、マダニ感染症 静岡県今年3例目 いずれも熱海市で

    静岡県は7月13日、熱海市の90代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発…
ページ上部へ戻る