【編集室】春節待てず「訪日ラッシュ」 熱海でも”爆宿”始まる

中国の旧正月にあたる春節前後の大型休暇(7~13日)を前に、“訪日ラッシュ”が始まっている。「梅まつり」開催中の熱海梅園でも31日、多くの中国人団体旅行者が訪れ、園内には「ニーハオ(請吃)」などの中国語が飛び交った。
この日の入園者は今季最高の5252人。そのうち団体客は525人だったが、大部分が中国からのツアー客。市内のグループ店舗を抱える大型ホテルなどに”爆宿”し、ツアー観光バスで移動することから大型車駐車場も満杯状態。京都市など著名観光地が頭を抱える”バス駐車場不足”も懸念され始めた。
「100円ショップ」キャンドゥ・マックスバリュ熱海店では”爆買い”が目につく。
国内8空港に乗り入れる中国の格安航空会社(LCC)、春秋航空は週末の日本便がほぼ満席という。運賃も普段は片道8000円の大阪-上海線が、日によっては20万円前後に高騰。中国経済の減速も指摘されるが、2月は中国人の「爆宿」が話題になりそうだ。
(編集主幹・松本洋二)

IMG_2550ss

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    多様なモミジ、鮮やかに熱海梅園彩る 日本一遅い紅葉がピーク突入

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る