【社寺】熱海サンビーチで「どんどん焼き」、1年の無病息災を祈る

正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる神事「第31回どんどん焼き」(十奉仕町内会主催)が10日、熱海サンビーチであった。市民、観光客らおよそ500人が燃え上がる炎に紅白の団子をあぶって食べ、1年の無病息災を祈った。
点灯を前に来宮神社の雨宮盛克宮司による神事が執り行われ、お飾りやだるまを若竹でつくられた高さ20mのおんべに火をつけると、炎が一気に盛り上がった。おんべを取り囲んだ参加者たちは、竹の棒の先端につけられた団子を代わる代わる火にかざし、伝統行事を楽しんだ。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられている。十奉仕町内会(実行委員長・本多勇治浜町町内会長)は、今年も市民や観光客に紅白の団子を500人分と焼き芋約300個をふるまった。
★どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。正月15日ごろにかけて行う。
★十奉仕町内会=連合町内会中部部会(本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町)

直前

IMG_1313ss2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1293ss

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1335ss2 IMG_1338ss2 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る