【社寺】熱海サンビーチで「どんどん焼き」、1年の無病息災を祈る

正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる神事「第31回どんどん焼き」(十奉仕町内会主催)が10日、熱海サンビーチであった。市民、観光客らおよそ500人が燃え上がる炎に紅白の団子をあぶって食べ、1年の無病息災を祈った。
点灯を前に来宮神社の雨宮盛克宮司による神事が執り行われ、お飾りやだるまを若竹でつくられた高さ20mのおんべに火をつけると、炎が一気に盛り上がった。おんべを取り囲んだ参加者たちは、竹の棒の先端につけられた団子を代わる代わる火にかざし、伝統行事を楽しんだ。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられている。十奉仕町内会(実行委員長・本多勇治浜町町内会長)は、今年も市民や観光客に紅白の団子を500人分と焼き芋約300個をふるまった。
★どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。正月15日ごろにかけて行う。
★十奉仕町内会=連合町内会中部部会(本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町)

直前

IMG_1313ss2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1293ss

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1335ss2 IMG_1338ss2 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る