【文化】創立100周年特別展 熱海図書館で逍遥寄贈の「鳥瞰図」公開

熱海市立図書館で18日、創立100年を記念して特別展が始まった。吉田初三郎の熱海温泉を高所からの視点で描いた鳥瞰(ちょうかん)図をはじめ、箱根、鎌倉など日本各地の鳥瞰図などが展示されている。
交通機関も未発達の時代、「鳥の目になって世界を見たい」と願う人々にとって、初三郎が描く鳥瞰図は人気が高く、大正から昭和にかけての観光ブームに乗って「大正の広重」の異名も付いた。今回展示されている「熱海温泉名所図絵」(大正11年)、「熱海温泉理想郷桃山案内」(同14年)は坪内逍遥が同館に寄贈した作品。明治、大正時代の熱海の街並みが見て取れる。
全国有数の観光地「熱海」は鳥瞰図作家に恵まれ、初三郎だけでなく、多くの絵師が「熱海温泉」を題材にした鳥瞰図を残している。今回の特別展では、初三朗の作品とともに、熱海市立図書館が所蔵する「熱海や伊豆を描いた鳥瞰図」も含め約50点を展示している。22日まで。

◇吉田 初三郎(よしだ ・はつさぶろう)大正から昭和にかけて活躍した人気鳥瞰図絵師。生涯において全国の観光地、主要都市1600点以上の鳥瞰図を描いた。しかし、第二次世界大戦が進む中、初三郎式鳥瞰図は港湾等の軍事機密が見て取れ、地政学上好ましくないという軍部の判断で不遇の時代もあった。

トップ全容

アップ1 2 7入口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る