熱海市で2人目の感染者 新型コロナウイルス 男性会社員 感染拡大

静岡県は4月29日、熱海市に住む会社員の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内の感染者は2人目。男性は20日に38度から39度の発熱と咳の症状が出た。翌日、市内の医療機関を受診し、自宅で療養していたが、症状が改善せず、24日に市内の別の医療機関で受診。その後は自宅で外出を控えていたが、症状が改善しなかったため27日に保健所に電話で相談し、帰国者・接触者外来で受診し、肺炎が判明。PCR検査を受け、感染症指定医療機関に入院。28日に「陽性」が確認された。
感染経路は調査中。現在の症状は発熱と咳があり、酸素を投与している。県は同居家族を濃厚接触者と判断し、同居する家族を濃厚接触者としてPCR検査を実施中。県内の感染者は68人となった。
(熱海ネット新聞)
【症状経過】
4月20日 発熱38〜39度。咳が出現し、継続的に症状が続く=発症日。
4月21日 マスクを着用し、自家用車で市内の医療機関Aを受診し、感冒薬を処方される。他疾患も疑われたため、熱海市内の医療機関Bを紹介される。
4月24日 マスクを着用し、自家用車で紹介先の医療機関Bを受診。
4月27日 保健所の帰国者・接触者センターに電話し、マスクを着用して自家用車で帰国者・接触者外来を受診。肺炎が認められたため、PCR検査検体を採取し、感染症指定医療機関に入院。
4月28日 陽性が判明し、引き続き入院。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-8

    東海バスの熱海路線、3月16日から「Suica」「PASMO」乗降OK 

    熱海市内で路線バスを運行する東海バスは、3月16日からSuica(スイカ) 、PASMO(パスモ)…
  2. 2021-3-8

    コロナ禍の熱海梅園「梅まつり」閉幕 首都圏の新規感染者減少で人出増える

    1月9日から熱海梅園で開催されていた「第77回梅まつり」が3月7日閉幕した。9割近くの梅が見ごろ過…
  3. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  4. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る