【社会】熱海市内で「出店荒し」が連続発生 7月だけで8件

熱海市内の4地区で出店荒しが相次いでいることがわかった。「あさがお作戦」展開中の熱海署は18日、地域安全ニュース「梅小路」を市内商店に配布し、注意を喚起した。7月だけで市内田原本町で3件、咲見町2件、渚町2件、伊豆山1件の計8店舗が被害に遭っているという。店の出入り口付近の無錠箇所から侵入し、レジ付近から現金を盗んで逃走する手口。熱海署は夜間の確実な戸締りと、不審者を見たり聞いたりしたら、迷わず110番通報を呼び掛けている。

◆出店荒し 飲食店・商店などに休日や夜間を狙って侵入し、金品を盗むこと。レジ内にある現金などが狙われる。

img213

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る