【社寺】新葉の中、巫女が「大楠の舞」奉納 

来宮神社(雨宮盛克宮司)は5日、本殿近くの大楠の前で「大楠祭」を斎行した。神事に続き、巫女(みこ)が「大楠の舞」を奉納、健康長寿を祈願した。

雨宮宮司によれば、大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんで29年前につくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と太鼓、笛、歌に合わせて優雅に舞った。この舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げられる。参集殿の屋上では笛怜會が和太鼓を演奏し、多くの参拝者をもてなした。

ご神木「大楠」は、近年、「パワースポット」として全国に知れ渡り、年々、参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。

◆来宮神社の大楠 高さ26m、幹回り24m。全国で2位、本州で1位の巨木。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。樹齢2000年以上で国の天然記念物。

IMG_0278ssOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA信じ 宮司IMG_0249ssOLYMPUS DIGITAL CAMERA列 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 生観覧は1万2千人  ライブ配信が奏功

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
  2. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  3. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  4. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
ページ上部へ戻る