【社寺】新葉の中、巫女が「大楠の舞」奉納 

来宮神社(雨宮盛克宮司)は5日、本殿近くの大楠の前で「大楠祭」を斎行した。神事に続き、巫女(みこ)が「大楠の舞」を奉納、健康長寿を祈願した。

雨宮宮司によれば、大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんで29年前につくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と太鼓、笛、歌に合わせて優雅に舞った。この舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げられる。参集殿の屋上では笛怜會が和太鼓を演奏し、多くの参拝者をもてなした。

ご神木「大楠」は、近年、「パワースポット」として全国に知れ渡り、年々、参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。

◆来宮神社の大楠 高さ26m、幹回り24m。全国で2位、本州で1位の巨木。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。樹齢2000年以上で国の天然記念物。

IMG_0278ssOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA信じ 宮司IMG_0249ssOLYMPUS DIGITAL CAMERA列 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
  2. 2021-1-20

    コロナ緊急事態宣言で“熱海ひん死” 経済3団体トップ、市に緊急要望書 

    1月20日熱海駅前・仲見世通り商店街 熱海市の経済観光3団体トップ3人が1月20日、新型コロ…
  3. 2021-1-20

    川勝知事、緊急警報を発令 県内で英国の変異種コロナ3人感染 熱海以外の地域

    英国で流行している変異型の新型コロナウイルス感染者が静岡県内で男女3人が確認されたことを受け、川勝…
  4. 2021-1-19

    「あたみ桜」観に来て 多賀観光協会、1月23日から「四季の道桜まつり」 

    熱海市の多賀観光協会は、1月23日から2月7日まで「四季の道桜まつり」を開催する。JR伊豆多賀駅と…
ページ上部へ戻る