【梅園】紅梅の八重寒紅が開花、天皇陛下への献上梅出そろう

今季の一番咲きとなった16日の白梅・冬至梅(とうじばい)に続いて、18日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。この2つの梅の品種は、毎年、天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上することで知られる。
朝夜の冷え込みで、園内の紅葉も日ごとに色づきを増し、観光客で賑わった。

◇献上梅 熱海市は、天皇陛下の誕生日(12月23日)に熱海梅園の早咲き梅を献上。天皇陛下が皇太子時代の1969年から毎年続けている。梅は紅梅の八重寒紅と白梅の冬至梅の2種類。毎年12月中旬に献上梅を切りだし、市役所の温かい室内でつぼみを膨らませたあと、宮内庁のほか、英国大使館と韓国大使館に献上する。

1 2 3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る