熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」


熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ2000人が盆踊りを楽しんだ。大縄公園中央に組まれたやぐらにちょうちんが飾られ、宿泊客が浴衣姿の市民と輪を作り、地元の創作舞踊「南条流」(南条久美香会長)の会員たちとにぎやかに踊った。
盆踊りの曲というと「炭鉱節」や「東京音頭」が定番だが、網代温泉では三波春夫さんが歌う「熱海音頭」、都はるみさんが歌う「アジの開きの三度笠」が良く使われる。ともに熱海市内の温泉が絶頂期に制作したものだ。
網代温泉観光協会の主催で33回目。開幕セレモニーで川口健会長が「以前は熱海、伊豆山、多賀、網代の市内各地で聞かれた盆踊りですが、現在も続くのは『ふる里祭り』だけ。堀井弘幸実行委員長のもとで今日、明日行われます。網代温泉ならではの昭和レトロな盆踊りを楽しんでほしい」とあいさつした。
■スイカ割り、手持ち花火に子どもたちが歓声
毎年人気のスイカ割りでは子供たちが列をつくり、目隠しをして挑戦。割れたスイカは川口会長らが切り分けて来場者にふるまった。手持ち花火大会、昔懐かしい金魚すくいや輪投げ、ヨーヨー釣り等の縁日コーナーもあり、思い思いに楽しんだ。熱海や多賀が大人を対象とした「ビール祭り」に力を注ぐ中、江戸時代から知られる漁師町の網代温泉は伝統を受け継ぎ、ぶれることなく家族連れの誘客に力を注いでいる。
盆踊りは15日も午後7時から9時まで開催され、16日は網代最大のイベントの網代湾海上花火大会(駒嶺洋実行委員長、午後8時30分~)がある。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■開催時間 8月14、15日午後7時~9時
■問い合わせ 網代温泉観光協会☎0557-68-0136

♩あぁー、熱海伊豆山多賀網代…「熱海音頭」の踊り(地元の創作舞踊「南条流」)


川口健網代温泉観光協会会長

スイカ割り

手持ち花火


堀井弘幸実行委員長





熱海音頭フルバージョン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年を記念祝い、参拝客が盛んな拍

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る