【市政】網代駅のエレベーター設置、市が本腰

熱海市は、駅遠隔操作システムの導入に伴い、3月から無人駅になったJR東日本の網代駅に国、JRと協力してエレベーターを設置する方針を決めた。市議会6月定例会に調査費として2200万円を計上する。
設置には総額で1億円超の費用がかかるとみられ、市、国、JR東日本が各3分の1を負担する方針。
無人化されたJR伊東線では今年3月、伊東市の積極的な働きかけで宇佐美駅のエレベーター設置に国が補助を行うことを決めており、川口健市議が勝俣孝明衆院とともに自民党本部、JR、国土交通省と交渉を重ね、熱海市の背中を押した。設置にはおよそ3年かかるという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

網代駅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業協力金対象外の事業者へ一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、県及び熱海市の休業協力金の対象から外れた事業者…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る