【編集室】自民系躍進、議会運営に変化も

熱海市議選の新たな議席が決まり、27日、市役所で当選した15氏への当選証書付与式があった。市選挙管理委員会の石井拓治委員長が手渡した。任期は5月1日から平成31年(2019年)4月30日までの4年間。最高得票当選者の米山秀夫議員氏が当選者を代表してあいさつした。

会派構成では、自民が自民系無所属を含めて7議席を獲得、現有を上回った。無所属の新人女性候補も自民会派へ加わるものとみられ、公明1議席を加えると、自公で9議席となる見通し。これにより、議長を輩出しても過半数の8議席を維持できる。

民主系は現有を維持する4議席。市長派の無所属と議席を取り戻した共産が各1議席。与党は最大6人の少数となり、斉藤栄市政の議会運営はこれまで以上に厳しいものとなった。

自民党熱海支部では、現在3会派ある自民党の会派を一つにまとめ、「自民党熱海市議団」構想が浮上している。
(編集主幹・松本洋二)

 

熱海市議会会派別当選者(定数15)
◆自民
川口 健 (47)現=下多賀
田中秀宝(46)元=青葉町
竹部 隆 (67) 新=西山町
杉山利勝(55)現=田原本町
稲村千尋(63)現=上多賀
高橋幸雄(59)現=伊豆山
梅原一美(67)現=下多賀
◆無所属
泉明寺みずほ(44)新=桜町
◆公明
米山秀夫(58)現=紅葉ガ丘町

◆民主系
和田翔平(26)新=水口町
金森和道(58)現=桜町
山田治雄(87)現=水口町
小森高正(49)現=下多賀

◆市長派
越村 修(50)現=下多賀

◆共産
井沢共一(63)元=上多賀

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  2. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  3. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  4. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
ページ上部へ戻る