薄紫のカーテンゆらり 熱海・サンレモ公園で名物のフジ棚が見ごろ

例年、大型連休に薄紫に色づくサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが今年もお約束通り、見ごろを迎えた。熱海港からの海風で花房が心地よさそうに揺れている。例年は市民や観光客の目を楽しませているが、今年は新型コロナウイルスの感染予防で不要不朽の外出自粛のため、ひっそり。代わってハトたちがフジ棚の下に集まり、長閑に日光浴ー。
「サンレモ公園」は、熱海市とイタリア・サンレモ市との都市提携を記念し、1982年に整備された公園。初島、大島便の高速フェリーが行き交い、地中海の雰囲気を醸し出している。
(熱海ネット新聞)
写真=4月28日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-27

    旧サンクリノ美術館、11月から新規コワーキングスペースで営業 県幹部が施設視察

    静岡県は10月26日、新型コロナの影響で広まりつつあるテレワークをしながら休暇を楽しむワー…
  2. 2020-10-27

    【お悔やみ】佐藤洋子さん(熱海市下多賀)10月26日死去

    佐藤洋子さん(さとう・ようこ)10月26日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜28日午後6時。葬儀28…
  3. 2020-10-26

    熱海の秋祭りの最後を飾り、和田木神社で例大祭 神事を静かに斎行

    熱海市下多賀の和田木神社で10月25日、氏子や町内会など50人が参列して例大祭が斎行された…
  4. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
ページ上部へ戻る