薄紫のカーテンゆらり 熱海・サンレモ公園で名物のフジ棚が見ごろ

例年、大型連休に薄紫に色づくサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが今年もお約束通り、見ごろを迎えた。熱海港からの海風で花房が心地よさそうに揺れている。例年は市民や観光客の目を楽しませているが、今年は新型コロナウイルスの感染予防で不要不朽の外出自粛のため、ひっそり。代わってハトたちがフジ棚の下に集まり、長閑に日光浴ー。
「サンレモ公園」は、熱海市とイタリア・サンレモ市との都市提携を記念し、1982年に整備された公園。初島、大島便の高速フェリーが行き交い、地中海の雰囲気を醸し出している。
(熱海ネット新聞)
写真=4月28日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-24

    渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

    春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎…
  2. 2021-2-24

    「坂町の寺桜」が満開 熱海に春到来 2度の大火を生き抜いた幸運の桜

    熱海市のホテル貫一前(道路向かい)にある「坂町の寺桜」が満開となり、熱海に本格的な春の到来を感じさ…
  3. 2021-2-23

    21世紀枠の三島南は鳥取城北と初戦 選抜高校野球 組み合わせ決まる

    3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が2月23日、史上初め…
  4. 2021-2-23

    春うらら 梅園の梅、60種中59種が咲きそろう 来園者たちも春の装いに

    熱海市内は2月22日、高気圧に覆われた影響で晴れ間が広がり、最高気温21•1度を記録し、5…
ページ上部へ戻る