【経済】話題の「スタンドアップパドルボード」、熱海サンビーチでデモンストレーション

この夏、熱海サンビーチを盛り上げたビーチアスレチック「ウオーターパーク」を手掛けた熱海市観光協会と日本スポーツコミュニケーション協会 は20日と21日、サンビーチで「スタンドアップパドルボード(SUP)」の無料体験イベントを実施した。
SUPはサーフィンのロングボードのような板の上に立ったまま、1本のパドルで水をかいて進むスポーツで近年、世界各国で人気が高まっている。
今月19日には茅ケ崎市のヘッドランドビーチで世界最高峰の大会が開幕され、話題になったばかり。熱海市では年間を通じて熱海サンビーチや長浜ビーチの活用を目指しており、SUPでの誘客やメジャー大会誘致が期待される。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_1017 dly1509190028-f1

大会の写真は産経新聞から=M字型の約1キロコース

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る