【市政】議長に杉山氏 副議長は金森氏浮上

熱海市議会(定数15)の最大会派、自由民主党議員団(7人)は11日、市役所で議長問題を協議し、次期議長候補に同会派の杉山利勝副議長を推すことを確認した。友党関係にある公明党の米山秀夫議員を含めると過半数を満たすため、同氏の選出が決定的となった。

副議長は同会派から選出することも可能だが、新人の竹部隆を除く6氏が党3役及び議長経験者。元市財政部長の竹部氏は議員として市長との論戦を希望していることから、第2会派の民主党・市民クラブ議員団(4人)に譲る案も浮上している。
その場合、同議員団は金森和道議員を推薦するとみられ、同氏の副議長就任が有力視されている。
正副議長選は18日の市議会5月臨時会で行われる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA金森アップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る