【市政】議長に杉山氏 副議長は金森氏浮上

熱海市議会(定数15)の最大会派、自由民主党議員団(7人)は11日、市役所で議長問題を協議し、次期議長候補に同会派の杉山利勝副議長を推すことを確認した。友党関係にある公明党の米山秀夫議員を含めると過半数を満たすため、同氏の選出が決定的となった。

副議長は同会派から選出することも可能だが、新人の竹部隆を除く6氏が党3役及び議長経験者。元市財政部長の竹部氏は議員として市長との論戦を希望していることから、第2会派の民主党・市民クラブ議員団(4人)に譲る案も浮上している。
その場合、同議員団は金森和道議員を推薦するとみられ、同氏の副議長就任が有力視されている。
正副議長選は18日の市議会5月臨時会で行われる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA金森アップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る