豪華寝台列車「四季島」、2月13日熱海入り 「紅白梅図屏風」展など観光

JR熱海駅に2月9日と13日、3月5日に豪華寝台列車「トランスイート四季島」が停車する。
「東日本の旬」早春の2泊3日のコースとして9~11日、13~15日、3月5~7日の3回にわたって運行するもので、いずれも1日目の午前9時15分ごろ上野を出発し、午後1時15分に湯河原駅に到着。乗客はバスに乗り換え、湯河原梅林、MOA美術館の国宝「紅白梅図屏風と所蔵名品展」を観光する。
熱海駅で再び乗客を乗せた四季島は午後5時ごろ、次の訪問地に向けて出発。市内の観光関係者が見送る。四季島は群馬、長野、茨城、千葉などを巡り、最終日の午後6時50分、上野駅に帰着する。
旅行代金は1名70万〜90万円で熱海来訪は2017年12月以来2回目。
(熱海ネット新聞)
■トランスイート四季島 シャンパンゴールド色の高級感のある車体が特徴。17の客室すべてがスイートで、食堂車では沿線各地の食材を使った料理を提供する。通常は北海道や東北方面の3泊4日コース、甲信越方面の1泊2日コースを運行している。10両編成。2017年5月から運行開始。


2017年12月31日

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る