【イベント】陸前高田市長から「津波」の教訓学ぶ 

◇「TAKATA―FESTAin熱海」最終日(10日・親水公園レインボーデッキ=同実行委員会主催)
斉藤栄市長と戸羽太岩手県陸前高田市長による討論会を行い、東日本大震災による津波被害の現状と防災の教訓を学んだ。中央ステージでは白井貴子さんらがライブを通して普段の防災の大切さを訴えた。

熱海ビーチクラブは津波避難の合図となるオレンジフラッグを紹介するとともに、福祉タクシー事業所「伊豆おはな」の川瀬豊、愛美夫妻が車いす利用者をスムーズに避難誘導する防災マニュアルを紹介した。
東日本大震災時の写真パネルや防災パネル展示されたテントにも多くの市民や観光客が足を運んだ。

◆陸前高田市の現状 震災から4年以上が経過したが、まだまだ厳しい状況。仮設住宅を当初2500世帯分作ったが、いまだに約1700世帯が住んでいる。計画通りに進めたとしても、一番最後に仮設住宅を抜け出せる人は4年先の平成31年度3月くらいになるという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMAG2691IMAG2698 IMAG2709 (1) OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る