【観光】隠れた人気「秋の山野草市」始まる 熱海駅前広場に彩り

熱海駅前広場で「秋の山野草市」が7日、始まった。熱海仲見世振興会が春、初夏、秋と年に3回開催している観光客へのおもてなし企画で、季節折々の山野草の鉢を並べ、熱海駅に彩りを添えている。
今回は1つの根から分かれて2つの花をつける珍しい葉ボタンをはじめ、紅白のダイモンジソウ、雲南ハギ、紫式部、ももずきんちゃん、ゴールテリア、リンドウなど400点が展示され、観光客らは可愛らし小さな花を付けた山野草をのぞみこむように見入っている。400円~800円で販売もしている。9日まで。

トップ値段表 ダイモンジソウ赤ダイモンジソウ白本家 葉ボタン 店主 紫式部 雲南ハギ ももずきん カラフル nogiku看板

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る